だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

東京マラソンボランティア参加

東京マラソンから帰宅しました。

ここ数年の東京マラソンの成績です。

2016年 3時間1分16秒
2017年 ポカリ提供
2018年 スポンジ提供
2019年 水提供

2017年からコースが変わって、自宅に近しいところを走るようになったので、落選したらボランティアにも参加しようかと、嫁さんと話しておりまして。
そこから3年連続でのボランティア参加です。

 

■ボランティア受付

金曜日にボランティア受付に行って来ました。帽子にウェア、軍手とゴミ袋を受領。除菌消臭スプレーはスポンサー提供のおまけ。

当日の集合場所やボランティアの手順は事前にボランティアサイトからPDFで受領済み。今年は受付後のボランティア説明会はなしでした。
 
f:id:om2dama:20190303185103j:plain


■雨対策がイマイチでした

さて、3年目ということで、もう勝手知ったるボランティア、今回は不安なく参加……のはずでしたが、この雨。

元々、給水は天気がどうあれ、「濡れること」は確定なので、靴やズボンなどの下半身装備はバッチリでした。なのですが、問題は上半身。

受け取ったブルーのフード付きウェアが、水を弾いてくれるだろうと思ったのですが、4時間の活動時間の間で、結構水が浸透してしまって、中に着ていたダウンも濡れてしまい、かなり凍えました。

下は、登山用ズボンの上から、トレラン用の軽量レインウエアを履いて万全だったのですが、上もレインウェアを着れば良かったです。
また手袋も軍手の上からビニール手袋にすればよかったのですが、逆に着けてしまったので、軍手が雨に濡れてこれも体温低下の一因に。

※教訓:もらえるものに頼らず、自ら考えて雨対策をしよう。

 

■応援はしっかりやりました!

まあまあ。
そんな失敗もありましたが、ランナーへの声援と水の提供は精一杯やりました。

そういえば、外国の方が増えたなーという印象です。特に台湾の方がいっぱいいらっしゃってました。みんな、楽しんでくれればいいなと思いました。
活動はあっという間に終了し、ラストランナーを応援してから、撤収作業へ。

 

■打ち上げは省略

今回は、嫁さんと嫁さんのラン仲間の3人でグループ参加。
打ち上げに飲みを予定していたのですが、あまりに寒かったので、家に戻って暖まろうということで、打ち上げを省略して、早々に帰宅にしました。
お風呂に入ったら、いかに手先足先が冷え切っていたかを感じるぐらい、とても暖かかったです。

 

■来年は走りたい!

3年前はビックサイトがゴールのコースでしたので、いつかは新コースを走りたいなと思っています。来年こそは応援される方に回りたいなあ……。

 

ともあれ、走った方、ボランティアの方、応援の方、皆さんお疲れ様でした!