だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

スパトレイル・リタイアしましたの続き

スパトレイルの結果はこんな感じ。

第1エイドまで順位を上げていますが、ほんとはここまでの林道区間は、もう少し速く走れていても良かったのではと考えています。
f:id:om2dama:20190625203907p:plain

 

■リタイア後、草津のゴールまでバス

ここでのリタイア者は20人ぐらいでしょうか。マイクロバスに乗って11時半過ぎに出発しました。荷物はゴールの草津なので、そこまで移動します。
周りは脚のトラブルを抱えている方が多かったようです。ここから先は下りが長く続く区間なので、ここでやめておかないと脚へのダメージが大きくなると判断したようです。

自分は、揺れるバスの中、必死に吐き気と戦っていました。
さっきのエイドで食べたものもやはり消化できていない模様。30分近くかけてようやく到着した後は、荷物を受け取り、着替えてから、トイレとながーいお友達となりました。

■ゴール地点にて
56kmに参加していた、今回移動をご一緒していたラン仲間さんが既にゴール済みでした。年代別1位という素晴らしい記録。

お話を伺っていたら、嫁さんがゴールゾーン横切っていくのを目にしてビックリ。

元気ある!

年代別2位でゴール。マジかーすげーはえー。
と思っていたら、もう一人一緒に移動を共にしていたラン仲間さんとずっと追いつ追われつだったとのことで、図らずとも午後1時30分の時点で、今回の移動メンバー全員が集合。

会心の走りをして、その前に72kmの自分がいたら、嫁さんもビックリするよね。


■温泉入って帰ろう
早々と全員集合したので、ゆっくり風呂入ろうという話になったのですが、自分だけはそうはいかず。
トイレのご用はだいぶ減ったのですが、相変わらずの胃とお腹の調子が悪く、悪寒までしてきました。
風呂に入る余裕もなく、草津のバスターミナルで座ってバスの時間まで待ち、皆は風呂に行くことになりました。

それに合わせて、東京までの直行バスを確保しようとのことですが、最低限「トイレが付いたバス」をリクエスト。確認をしてくれたので、なんとか最悪の事態は免れました。

近くの薬局まで頑張って歩き、何とか吐き気止めの機能がついた風邪薬をゲット。これでまた少し落ち着きました。

■自宅まで5時間
草津バスターミナル15時半出発。途中関越の事故渋滞もあり、自宅帰宅は20時過ぎ。何とか眠気を取り出して、辛い思いを短縮しようとしました。
帰ってから、荷解きもせず、風呂も入らずに布団へ直行。

身体はツライけど、ようやくほっとする場所に帰れた瞬間でした。

月曜日は年休取得済みでしたが、全く食欲がわかず、1日では完治せず。
ようやく今日回復の兆しが出て来たところです。
明日は何とか仕事に行けそうです。

 

以上、スパトレイルレポ終了。


いやあ、来年絶対リベンジ!
このままじゃ終われんわ!

レーニングや体調管理に問題があったとかじゃないからなあ。

残念なのは、これで12月の伊豆トレイルジャーニーへの参加権が無くなったこと。、トレイルレースが一つ無くなった分、ロードに力を入れよとのお告げかな。

また、次の大会に向けて頑張ります。