だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

週報:第4週・館山の諸々

第4週。館山若潮でした。

f:id:om2dama:20200130071955p:plain

 

館山は、当日電車でも行ける場所だったのですが、復興支援ということで、宿泊もしてみました。

 

今回利用したのは、ゲストハウス・ツネホステル。

tune.co.jp

 

昨年6月から営業開始、診療所をリノベーションして出来た新しいホステルです。
2階建てベッドが4つの8人相部屋形式で、素泊まり一泊3700円。バスタオルレンタルと、歯ブラシセットが付いてました。

シャワー施設、食事のできるリビングと台所もあります。

 

夕飯は近所のラーメン屋さんに行きました。
中華料理の店は日高屋とか諸々行ってますが、ラーメン屋って入ったのはいつ以来か、記憶に無いぐらい。

 

tabelog.com

 

f:id:om2dama:20200130073930j:plain

半ライス・半餃子セットで780円。安い。

 

朝飯は、コンビニで買ったものを、ホステルの共同冷蔵庫においておきました。

宿泊客がほとんどマラソン前泊組だったので、朝飯を食べながらマラソン談義に。
宿を朝8時30分に出ても、大会会場にスタート1時間前に到着できるので、ゆっくり準備が出来ました。

雨で少々憂鬱だったことを除けばねー。最高だったのですが。

 

 

走った後は、ゴールから館山駅方面に歩いて約1km。館山シーサイドホテルの温泉に500円で入れます。

 

www.tateyamaseaside.com

 

冷え切った身体には最高の温泉でした。
海岸線が見える眺望のよい室内風呂で、身体を温めながらゴールに向かって走っているランナーもみることが出来ます。

※温泉は受付終了が15:30なので、5時間前にゴールしないと入れないらしい。

 

すっかり温まり、館山駅まで歩いていくと、ちょうど千葉方面に行く路線バスが発車間際だったので、そのまま乗車。

バスは館山14:25発でした。JRの普通は14:44発で所要時間はほとんど変わらなかったので、そのまま乗りました。

乗車率半分ぐらいだったので、ゆっくり座って帰れたのは良かったー。

 

 

館山若潮は3時間2分と、タイム的にはもうちょっとでしたが、この時期のマラソン大会は、11月に走るつくばマラソンのタイムより、いつも5〜6分ぐらい遅いのが定番でした。

このまま維持していけば、東京マラソンのタイムがいい感じに出せるのではと思っています。