だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

ハセツネ30k試走

仕事のストレスで色々悩ましいのですが、先週水曜日は、年休消化を兼ねてハセツネ30kの試走に行ってきました。

大会当日まで試走禁止な区間もあるので、下記の走行ルートは正式なルートとは異なります。

f:id:om2dama:20200220074400p:plain

 

・西戸倉から城山に登るルートが試走禁止なので、十里木からの登山道で城山手前まで登る。

市道山からヨメトリ坂を降りて、小坂志林道、ゴロハチ林道経由で市道分岐に戻ってくるまでが試走禁止なので、ショートカット。

 

上記2点を除いて、休憩諸々込みで5時間30分。
大会はガチ走りで6時間切れれば良いんじゃないかなーぐらいの予想です。

 

■城山から荷田子峠まではヤセ尾根のアップダウン

序盤の城山から荷田子峠まで、細かいアップダウンのシングルトラックで、なかなか脚を使います。ヤマレコとか調べると、2012年までは、赤点線ルート(難路)だったそうです。
地図にあるような「荒廃」というほどのルートではないですが、なかなか骨の折れる道です。

■グミ尾根から臼杵山はタフな登り

荷田子峠から臼杵山までは標高差430mのタフな登りです。今回の最高峰となる臼杵山まで。城山あたりに比べるとあるきやすいです。

 

臼杵山から市道山までもアップダウン

結構細かいアップダウンに岩場もあり、歩きにくい道です。

 

■ヨメトリ坂・小坂志林道・ゴロハチ林道はわからないです

試走禁止区間なので、わからないけど、ヨメトリ坂で一気に500mぐらい下ろされるのはやだなあ。
上り返しの林道でどのぐらい走れるのか。ゴロハチ林道は検索してもほとんど出てこないぐらいマイナーな道なので、どんな道だろうか。

市道分岐から吊り尾根側へ100mぐらい降りてみましたが、ゴロハチ林道との合流点はもう少し先の模様。

■峰見通り

こちらは、おなじみのコース。通常のハセツネ30kとは逆に走ることになります。こちらもアップダウンが多いですが、知ってる道なので、あまり長くは感じなかった。

 

■入山峠、今熊山

ここまで来るとほっと一息。下り基調のトレイルをゆっくりと。レースだとガチ走りになるけれども、脚が残ってるかな。

 

※こんな感じに、ならなければ良いんだけどなー。

f:id:om2dama:20200224205400j:plain

 

前半細かいアップダウンに臼杵山までの登りがしんどく、タフなトレイルなので、ペース配分が難しそう。

 

あと1回、試走には行きます。