だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

野辺山ウルトラ:13年かけてデカフォレストになりました

野辺山ウルトラマラソン

100kmを10時間48分32秒、平均ペースキロ6分29秒で完走しました。

目標としていた10時間以内は、全然届きませんでした。うーん、だいぶ予想と乖離してしまいましたが……とりあえずは!

 

 

■デカフォレストになりました

10回完走の称号、デカフォレストを達成しました。

10回連続10回目の完走ですが、震災とコロナで3回中止となっているので、13年掛かりました。


ゴール後に、スタッフの方から上記のような記念撮影と、デカフォレストインタビューがありました。インタビューの様子は、Facebookライブ配信されてました。

 

www.facebook.com

 

※これアカウントなくても見えるのかしら。まあ、物好きしかクリックしないだろうから気にせずに貼ってみます。

 

■今回のレースは?

沢山完走したからと言って、レースが楽になるわけではなく、毎回、準備不足のところを容赦なく叩いてくる野辺山ウルトラは、今回も本領を発揮。

 

今回は心肺が弱かったですね。馬越峠で歩くのだけでもゼーハーしてしまい、ほとんど走れませんでした。サブ10目標と言っておきながら、ここまで崩れるのは予想外でした。

90kmからのダラダラ上りもあまり走れておらず、今回は総じてパフォーマンスが出ていない結果となりました。

 

レースは午前中、40kmまでは雨。思ったより雨が残りました。風が穏やかだったので、凍えることはなかったですが、足元は結構不安定でした。

 

昼前から晴れ始め、ただ曇り基調で風も出てきたので、それほど暑さは感じませんでしたが、気温差には結構やられたかなー。

 

前回2019年比較で40分ぐらい遅かったです。
GWまではしっかり練習出来てたイメージなのですが、練習方法やスケジュールは見直しが必要かなと思います。このあたりは反省点です。

 

 

 

■完走率や順位


野辺山ウルトラの記録速報。

 

www.r-wellness.com


男子100kmは

出走数が1465名、前回比491名減少。
完走数が967名、前回比415名減少。
完走率66%、前回比4.7%減少。


自分の順位は、今回は上位9%の位置。前回、10時間9分40秒だった時は上位6%でした。

 

 

レース後半、前後にあまりランナーがいないなあと思っていたのですが、前回比で、参加者数が3割近く少なかった模様。

おかげなのか、デカフォレストの撮影やインタビューがゆったり時間を取ってやってくれてた印象です。

 

■さてこの後の野辺山をどうするか


まずは、10回完走して一息ついたところですが、野辺山はもう少し参加してみようと思ってます。

インタービューでは20回完走者の称号「ユプシロン」獲得について、頑張ってみますと話をしていましたが、最短でも58歳になるので、これを維持するのはなかなか大変です。

まあ、気負わずに野辺山を楽しめるように、体力・走力を維持して行きたいところです。