だまらん

サブ50を目指したりとかウルトラマラソンとかトレランとか。走ることを綴っていきます。

富士登山競走の振り返り

富士登山競走、振り返りしておきましょう。

 

富士登山競走は今回も含めて5回参加、五合目コース2回、山頂コース3回。
2013年山頂コース参加時は、八合目の4時間制限に間に合わず、タイムオーバーリタイアでした。

 

 

山道よりロードの方が得意なので、馬返しまでのロードでバテない程度に突っ込んで、なるべく上位につく必要があります。

 

山では速いパック(団体)にくらいついて、道が狭くなるところで渋滞が起きてしまうような方々の前に立っておく、というのが基本方針でした。

 

■スタート→馬返し

スタートでは、Ryoさん、びあーさん、ぶらざーさんとお会いして、お互いに完走を誓いました。嫁さんとは同じBブロックなので並んでスタートを切ります。

 

馬返しまで、試走では何度も立ち止まってましたが、レースではアドレナリンが出たか、良いペースで最後までロードは走り切りました。

水分補給に関しては、すべてのポイントで一杯ずつ水を補給、あと持参した150ml程度の密封容器に、クエン酸飲料の原液から濃いめに作った飲料をちびちび補給していたので、喉が渇くことがなかったのは良かったです。

タイムも、前回山頂の2015年の数字が頭にあったので、好調にスタートを切れた認識です。

 

■馬返し→五合目

思ったより渋滞で止まるなあという印象でしたので、前後の流れには十分ついていけていました。隙あらば、前を抜かしていくことも出来ました。

心配していた足攣りもこの時点ではほぼなし。

2015年より5分前倒しで良いペースでの通過です。

 

■五合目→八合目

問題はここから。

2週間前の試走でも全然この先がペースが上がらなかったので心配していましたが、思ったより呼吸が楽でした。ちゃんと腕を振りながら脚も動いていた……

 

のですが。

 

ここで誤算が2つ。

 

1.時計が3分止まってた。

岩場に突入した時、岩に手をついたついでに、時計がちょっと止まっていたようです。あとで気づいてスタートさせたのですが、表示されている経過時間を見て、この後完全に油断していました。

※時計が3分止まっていたということは、「実タイムよりも3分速く走ってる」ように錯覚しているからです。

 

2.岩場で大きく脚を攣った

自分が足を攣るパターンは、上りが終わって平坦な箇所で走り始めた時に、必要以上に筋肉を伸ばすことにより、ふくらはぎの上部を攣る、というのがほとんどです。

今回は全く異なる形。

岩場で片足に体重の乗せた後、バランスを崩してしまった際に余計な力を入れてしまい、右脚ハムストがガッツリ攣りました。

いやはや、かなりの悶絶です。

 

ここで、回復するまで少々タイムロスが発生です。

 

 

ということもあり、やや遅れながらも前回2015年よりは、八合目関門を「若干」速く通過。

 

そう、ここは本来なら前年比で「若干」速いだけだったんですよね。

 

「1.時計が3分止まってた」

 

ことにより、手元の時計では、八合目通過を「3時間50分」と勘違いしていました。

この時、自分は

 

「この先、山頂まで40分あるじゃん」

 

と油断していました。

 

 

■八合目→山頂

この先、ちょっと気が緩んでました。完走ならだいぶ余裕があるなと。2015年の記録更新も、普通に脚が動いているし、問題なさそうという認識でした。

 

が、山頂からの「あと6分!」という声から、時計表示の誤差にようやく気付きます。

山頂を眺めながら距離を推し測ります。

 

「これ、ぎりぎりだ」

 

ここから、慌てました。

でも、脚は簡単には動きません。

 

焦る気持ちの中、止まらないことだけに気力を振り絞り、一歩一歩足を進めました。

 

 

 

■ゴール

 

「あと1分」「走れー」の掛け声の中、なんとかぎりぎりのゴール。

 

Ryoさんと、びあーさんとゴールの瞬間、目が合い、ガッツポーズ。

いやあ、完走出来てよかったー。めちゃくちゃ喜びました。

 

※びあーさんツイートより。

 

 

 

■総括

何度も試走を重ね、過去の自分のタイムを見ながら、完走出来てもぎりぎりだろうなあという感触は、間違ってなかったです。

 

惜しかったのは、6月下旬の試走で転倒し、大きく膝を擦りむいて血が止まらなかったところで、練習が途切れてしまったところです。

 

このブランクが無ければ、もう少し本番前まで追い込めただろうなあと思ってます。

 

ペース配分は、過去の自分を参考にして、ほぼベストな脚の使い方だったかなと思います。誤解のある余裕が無ければもっと良かったですが。

 

また、嫁さんはあと20mのところで、五合目関門に引っかかってしまいました。

ここが通過できていれば、山の脚力は全然かなわないぐらいなので、問題なかったはずです。来年もリベンジに燃えているので、少なくとも自分も練習には駆り出されることでしょう。

あわよくばまた山頂コースを走っているかもしれません。

 

 

それでは、参加された皆さん、どうもお疲れさまでした。